浮気は、される側が悪い?

a0002_006975

浮気をする側とされる側、どちらが悪いかと言うと婚姻生活の中で浮気を考えれば、貞操義務違反と言うことから浮気する側が悪いのですが、ここでは浮気される側の問題点を取り上げていきたいと思います。

 

浮気症の男

浮気は不治の病と言うぐらい依存してしまうとアルコール中毒と一緒でなかなか治らない病気です。

浮気症と知っていて結婚した場合は、相当の覚悟が必要になります。

浮気をしないように監視をしていれば、逆にプレッシャーを感じて浮気をしてしまうのが浮気症の本質です。

「浮気をしたら申し訳ない」と思うぐらいの気持ちにさせないと治りません。

 

相手に変わってもらうよりあなたが変わらないと治らない病気のようですね。

 

 

浮気の原因

殆どの浮気は「突然のチャンスに魔が差してしまった」ことが原因になります。

「ばれなければ」「1回ぐらいなら」そんな誘惑に負けてしまう気が弱い人が浮気するのでしょう。

 

ただ、その誘惑に負けてしまうのは家庭の魅力よりも勝っていたからではないでしょうか?

浮気相手から夫を取り戻そうと考えた時に「夫を変えよう」とするのは間違った考え方です。

家庭や奥様に何らかの原因があるのであれば「あなたが変わらなければいけません。」

「そんなことわかっているわよ 」と言われそうですね。

 

わかっていても簡単に実行出来る方はいないのです。

浮気された方は裏切られた思いと悔しさが邪魔をして、「悪いのは夫なのに何で私が変わらなければいけないの?」そんな感情が大きくなってしまいます。

 

思い出して下さい。最初は愛し合って結婚したはずです。そして2人の間に可愛い子供が生まれて、子供のために、家族の為にと、あなたとご主人はお互いを支え合い頑張っていたんではないでしょうか?

そこには家族の愛情があり、奥様に愛されていたからこそ、ご主人も頑張ってくれていたのでしょう。

しかし、愛情の愛がいつの間にか欠けてしまい、情だけになってしまうと「思いやり」が無くなってしまいます。そしてご主人が家族のために稼いでくるのは当たり前と思ってしまいます。

 

世の中がどんどん不景気になっていき経済的にも苦しくなると、家庭を守る奥様の理想とかけ離れていってしまい、思い通りにならなかった時もあるかと思います。

 

奥様も辛く苦しい中、ストレスが溜まっていき、生活が苦しいのは不景気が悪いと知っていても「あなたの稼ぎが悪いから!」と悪気はないけど言ってしまったことはありませんか?

この言葉は、ご主人の頑張りを否定する言葉なのです。

 

男性はプライドが高い割にもろく弱い生き物ですから、自分が1度否定されてしまうとすぐにひねくれてしまいます。

「誰の為に頑張っていると思っているんだ」と今まで頑張ってきたことを全否定され、奥様の支えを失ってしまったと思い込み自分は必要とされていないと思ってしまいます。

 

そんな時に外から甘い誘惑があれば、簡単にその誘惑に負けてしまいます。

これは極端な例ですが、家庭が上手くいってなければ外に居場所を求めてしまうのが男の本能とも言えるのかもしれません。

 

男性は単純な生き物ですから、奥様から愛されて必要とされていると思えば、愛情を持って奥様の為に一生懸命頑張ってくれます。奥様の愛情がご主人を浮気させないようにコントロール出来るのです。

 

感情的になってご主人を責めたりすることは逆効果になります。一時的には戻ってきてくれますが、気持ちは浮気相手に向いたままです。

あなたが変わればご主人は必ず変わってくれます。たったそれだけのことで結婚した当初のように毎日を幸せに楽しく暮らしていけるのです。

 

夫婦関係がうまくいかなくなったとき、とくに夫の浮気を知ったときに、やってはいけないこと、やるべきこと」をやるだけで夫が自分の意思で、あなたの元に戻ってきます。

ご主人に浮気されていて離婚は絶対にしたくないと考えている方や、夫を浮気相手から取り戻したいと思っている方には是非実践して下さい。

 

 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる

「夫の浮気・解決法」

solut_00a

 

solut_01

arrow10_70x35_blu

solut_02

arrow10_70x35_blu

 

solut_03

im1

このマニュアルがあなたにとって価値のないものであるとご判断された場合は、
全額返金させていただきます。


【改訂版】夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」