浮気調査を安くするポイント!

浮気調査を安くするポイント! 浮気調査 自分

浮気調査を依頼したいけど、費用が..

浮気調査専門ナビでは、調査費用を安くするポイントを紹介します。調査料金を理解し、必要ない部分をカットするだけでなく、事前に可能な限りの情報を集めることで、調査日数を減らし、結果的にコストを大幅に削減することが可能です。

探偵に依頼する前に、あなた自身でできる準備とポイントを押さえ、無駄な出費を避けましょう。

浮気調査を安くするポイント

浮気調査の料金を安くするには、調査料金の仕組みを知ることからはじめます。

料金の仕組みがわかっていれば、必要ないものを削ってしまえばいいのですから、その分料金も安くなります。

1名/1時間〇円とか、完全成功報酬と書かれていても一般の方にはわかりづらいのですが、目安としては1日の調査料金を10万円前後で設定しているところが多いです。

最終的な調査料金に関しては、どこの探偵社でも大きく差が出る事はなく殆ど一緒ぐらいと思って下さい。

「差が出るところはどこかと言うと、探偵社の経験と実績からくる調査力だけです。」

実力がない探偵社にお金を払っても、結果が取れなければ意味がありませんよね。

それが前もってわかっているなら、実績がある探偵に依頼したいと思う方がほとんどだと思います。

ただし、実績もあり調査力もある探偵の料金はちょっとお高くなります。

しかし、ある方法を使うことで、誰でも簡単に浮気調査の料金を安くすることが出来てしまいます。

単純な事なんですけど、やられていない方が多いので、その方法をこれから解説していきたいと思います。

その前に調査料金の内訳を簡単にわかりやすく説明します。

調査料金の内訳

1名×時間=円+諸経費

調査料金は、1名1時間の単価×調査員数+経費(基本料金)=調査料金となります。

他にも1日の単価×日数や結果が取れた時に支払う成功報酬制、日数をまとめて頼むことで安くなるパック制などがあります。

これらの料金プランを見ると、それぞれに違いがあり複雑に思えてしまうのですが、基本的には時間課金制の上記の料金プランになっています。

では次に調査料金を安くする方法について解説していきます。

調査料金を安くするにはどこを削る?

調査料金を安くするには、必要のない部分を削ってしまえばいいのですが、誤って必要な部分を削ってしまうと、調査の成功率が落ちてしまいますので慎重に考えていかなければいけません。

では、どこを削っていけばいいのかを詳しく解説していきます。

調査員数を減らしてみると?

安く済ませたいなら調査員の人数を減らしてしまえばいいのでは?と思いがちですが、調査をするにあたって最低でも2名は必要になります。

対象者の複雑な行動にも対応出来るように、車移動の場合の運転手と徒歩移動時の尾行人員という構成になります。

1名/1時間〇〇円と書かれていても、最低2名の調査員は必要と思って下さい。

金額が安いところでは人員を減らすことで帳尻合わせをするのですが、少ない人員で成功率が高い調査は望めないでしょう。

いわゆる「安かろう、悪かろう」となってしまいます。

車両台数を減らしてみると?

車両に関しても通常は1台で間に合いますが、車尾行の場合に相手に気付かれない様、車両を入れ替えたりする場合には複数台必要となります。

経費は削れないの?

いわゆる経費とは、調査機材費、報告書作成費、交通費、燃料費、出張費等を指します。

調査にかかる経費は探偵社も譲れないところです。経費は会社を運営していくための必要な部分ですので、経費を削ってしまうと会社が成り立たなくなってしまいます。

また、経費は込みになっている探偵社が多いことから、後から追加請求される事はありません。

ただし、経費を実費で精算する探偵社もありますので、そう言ったところでは高額な請求になる場合もありますから、追加料金一切無しで設定している探偵社をおすすめ致します。

安くするには調査日数を減らす事がポイント!

では、いったいどこを削ると調査料金は安くなるのかと言うと、「ズバリ!調査日数です。」

当たり前の事なんですけど、単純に調査日数や時間を少なくすれば料金を安くすることが出来ます。

では、実際に調査日数を減らすためにはどうすればいいのかというと、簡単な調査をあなたがやってしまえばいいのです。

「調査をわたしがやるの?」そんな風に驚かれたと思いますが、あまり難しく考えなくて大丈夫です。

探偵も使用しているある機材を使う事で、誰でも簡単に調査ができてしまいます。

その機材を使って、あなたができる事をするだけで調査料金を安くすることができます。

次に、何をすればいいのかを解説していきます。

浮気調査を安くするための3つの情報提供

先ほどの説明でもあったように、浮気調査の日数を減らすことで料金を安くすることができます。

日数を減らすには、探偵が最初に行う予備調査をあなたが代わりにやってしまうという事です。

その情報を探偵に提供することで、安く見積もっていただきます。

わかりやすく説明すると、探偵は情報で動いています。情報がなければ自分で情報を掴んでから調査を行います。

この情報が多いほど、探偵のやる調査が少なくなるので、調査日数を減らすことが出来ます。

では、逆に情報が少ないと探偵はどうするかと言うと、調査対象者の動きを見るための調査日数が必要になります。

次に、どんな情報を探偵に提供すればいいのかを詳しく説明していきます。ここが1番重要な部分ですので、じっくりとお読みください。

1. 調査対象者の情報収集

本人の写真数枚、名前、身長、体型、勤務先、交通手段、通勤路、車種とナンバー、行動範囲、行きつけの店、SNSのアカウント等

写真: 携帯電話やSNSから調査対象者の最新の写真を集めます。外見がわかる写真が複数あると良いです。

勤務先や通勤路: 調査対象者と一緒に過ごす時間を利用して、普段の生活パターンを把握します。また、休日に共に出かけることで、普段利用している交通手段や通勤路を確認できます。

SNSのアカウント: 調査対象者のSNSをチェックし、どのような場所に行っているか、どのような人と交流しているかを把握します。

2. 浮気する日や曜日の特定

帰宅が遅くなる日や時間帯や曜日、必ず浮気しているであろう日時の特定

帰宅時間の変化の記録: カレンダーや手帳に、調査対象者の帰宅時間の変化を記録します。特定の曜日や日に遅くなる傾向があれば、その日を重点的に調査します。

スケジュールのチェック: 調査対象者が使用しているスケジュール帳やスマホのカレンダーアプリをチェックすることで、怪しい予定や定期的な外出がないかを確認します。

3. 浮気する場所の特定

浮気相手の自宅や不貞行為をしている場所の特定。

張り込み: 浮気が疑われる場所、例えば調査対象者の勤務先の近くやよく行くと思われるレストランの近くで待機し、調査対象者の行動を観察します。張り込みを行う際には、長時間同じ場所にいる必要がありますので、目立たないようにし、周囲の状況に配慮しながら行ってください。

尾行: 自分で調査対象者の後をつけることで、どこに行くのか、誰と会うのかを直接確認します。尾行をする際には、目立たない服装を心掛け、距離を保ちながら注意深く行動してください。


上記の3つが料金を安くするための情報です。この3つの情報をあらかじめ調べておくことで、調査料金を大幅に抑えることができます。

3つの情報簡単に調べる方法とは?

素人の方でも普通の主婦の方でもこの3つの情報を簡単に調べる方法があります。

上記の3つの情報を事前に調べてしまえば、調査料金を安くすることが出来てしまいます。

個人差はありますが、何もしないより断然調査料金を安くすることが出来るのです。

この方法なら30日で30,000円前後!

掛かる費用は、調査料金より安く出来てしまいます。

1日10万円弱の調査料金に比べてこちらは、30日で30,000円前後で調べることが出来ます。

「浮気をしているかも?」と思っていても確証が持てない方でも、この方法を使えば簡単に浮気の事実を掴めてしまいます。

その方法はGPSを使う方法になるのですが、間違った使い方をすると料金を安くするどころか相手に気付かれて警戒心を高めることになり、余計に調査を困難にしてしまいます。

後々のトラブルを避ける為にも、正しい方法をきちんと実践出来る方のみこの先を読み進めて下さい。

GPSを用意する

まず、情報得る為にはGPSを用意する必要があります。

特別技術がいるものではないのですが、女性でも簡単に使えるコンパクトのGPSを紹介させて頂きます。

用意するもの

リアルタイムGPS

取り付け方や高性能のGPSの事を詳しく説明しています。

参考記事:GPSで浮気調査

注意点

GPSで浮気と思わせる行動を確認しても絶対に問い詰めないこと。

家族にGPSを取り付けることは違法ではありませんが、ご主人に取り付けたGPSの位置情報がホテルや出掛けに行き先を告げた場所と見当違いの位置を示していても、その事を問い詰めればそこで全てが終わってしまいます。

「何でわかったんだろう?」という疑問が浮気に気付いたと判断してしまいます。

当然GPSを付けられている事も気付きますし、GPSで掴んだ位置情報だけで浮気を問い詰めても、相手は証拠もないことを認めることはありません。

逆にそのことが原因で険悪なムードになり、家庭崩壊にもなり兼ねません。

これはプロでも1番気を付けていることで、浮気調査で1番重要なことは「相手に気付かれない事。」なのです。

あなたがすることは、GPSを取り付けて情報を集めるだけです。ご主人の前では何も知らないふりをするだけです。

たったこれだけで、調査料金を安くすることが出来るのです。

逆にこの方法以外は調査料金を安くする方法はないと言ってもいいでしょう。

GPSで集める情報は?

浮気の日時と場所(ホテル愛人宅)

あなたがGPSで集める情報は、浮気している日時や場所の特定です。

GPSで行動を監視をしていれば、浮気をしていれば一目瞭然です。

その浮気をしている日の出掛ける口実を「あなたに何と言って出掛けたのか?」

そのデーターを取ることで、浮気の兆候が判りますよね。

逆にあなたから問いかけてもいいかもしれません。

「今日はどこかへ出掛けるの?」とか「帰りは遅くなるの?」でもいいでしょう。ご主人の返答で浮気する日が特定できます。

これさえ判れば、探偵に即日調査を依頼することが出来ます。

探偵に依頼する!

GPSで掴んだ情報を整理すると浮気している場合は必ず見えることがあります。

出掛ける口実
  
「残業で遅くなる」「ゴルフに出掛ける」
 ⇓
出発地点:自宅、会社等
 ⇓
中継地点:待ち合わせ、愛人宅
 ⇓
目的地点:ホテル、愛人宅
⇓ 
送り場所:愛人宅、最寄り場所

このパターン化された情報を素に探偵に依頼すれば、最低日数の調査だけで済んでしまいますから料金もGPSのレンタル代金+最低日数の調査料金だけしか掛かりません。

浮気調査を探偵に依頼した際もご主人の車にGPSをつけてもらい、GPSの位置情報で調査を行います。

それを省略してしまえば、必然と料金は安くなります。

参考記事:GPSで浮気調査

探偵に依頼する時には、当日調査や即日調査に対応してくれるところでなければいけません。

即日、当日調査対応の探偵ならこのサイトのランキングからお捜し下さい。

口コミ評判の高い探偵のみを厳選しております。

探偵口コミ比較ランキング!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました